木の家、職人たちが木の家の未来を考える木の家造りネットワーク、職人ネット|ウッドラクティブ−WOODLACTIVE−

矢印 トップページ 矢印 お問い合わせ 矢印 サイトマップ
森林 ABOUT
私たちについて

目的
各社代表者 私たちウッドラクティブは「木の未来を考える」をコンセプトに、木を大切にした家造りを目指すグループです。 2008年より同じ考えを持って集まった9社によって設立し、現在に至ります。
・日本の伝統建築の工法を守り、街並みとして残すことで、次世代に繋いでいきたい。
・純粋な日本瓦で京都の街に甍の波を復活させたい。
・伝統住宅にふさわしい木工芸品や無垢の木のテーブルを提供したい。
・狭い宅地でも屋上を菜園や庭園に活用し、究極のエコ住宅を造りたい。
以上のような熱い思いを胸に秘めた職人の集まりです。
私たちの思い
木材 ウッドラクティブの大工職人は「生まれ変わってもやっぱり大工になりたい」と思うくらい、大工という職業に誇りを持っています。自分のやった仕事が、何十年、何百年と目に見える形で残っていくこと。そして、その仕事の積み重ねがやがて街並みとなり、その時代の文化となっていくこと。伝統的な木造建築には大工職人の技術や心のぬくもりが詰まっているのです。
それがお客様やご家族皆様の心に伝わってくことが、私たちの喜びです。
名前の由来
木の未来 WOODLACTIVEとは
WOOD(木)+GOOD LUCK(幸運)
=WOOD LUCK(木のある幸せ)という造語に
ACTIVE(行動)を加えてWOODLACTIVEです。
木があるという幸せを行動をもって未来へ伝えていくということ。
すなわち、木の未来を考えていくことを意味しています。